秋山郷 殺人秘境私立探偵・小仏太郎

タグ
シリーズ
  • A6判360ページ
  • 2013年12月05日発売
  • 本体価格 619円+税
  • ISBN 978-4-408-55149-4
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
秋山郷 殺人秘境

内容紹介

女性刑事はなぜ殺されたのか―?!?
「最後の秘境」に仕掛けられた罠!

私立探偵・小仏太郎が刑事時代に同僚だった若手の女性刑事・金沢夏未が何者かに刺殺された。夏未は個人的な依頼に応え、ストーカーの調査をしていたという。小仏は新潟、長野両県にまたがり、「最後の秘境」といわれた秋山郷での夏未の葬儀に出席するが、夏未は尾瀬で起きた女性遭難事件に興味を抱いていた、との新証言を得る。さらに調査を進めようとする小仏だが、警視庁の元同僚・安間から「深入りするな」と忠告され―?!? 夏未の友人がもたらした一本の糸のような手がかりを辿っていくとある事実が……鬼気迫る、切ない小仏太郎の調査行!! 東京・亀有に事務所を構える下町探偵が活躍する傑作ミステリーシリーズ第四弾!
[解説/ 山前譲]

目次

第一章 七夕に逝く
第二章 秘境・秋山郷
第三章 尾瀬の怪死
第四章 消えた男
第五章 なぜ伊豆で
第六章 函の中の遺品
第七章 女の嗅覚
第八章 内偵の夜
第九章 誘う日