寂花の雫

タグ
シリーズ
  • A6判264ページ
  • 2012年08月04日発売
  • 本体価格 533円+税
  • ISBN 978-4-408-55088-6
    • 在庫あり
寂花の雫

内容紹介

女将の前に現れた謎の男――
第一回団鬼六賞作家が描く、美しき京の四季と性愛の極み!

京都大原の山里で一日一組しか客をとらない民宿を営む平本珠子は、夫と実父を交通事故で失って四年、たったひとりで生きてきた。そんな珠子の前に現れたのは、恋人と喧嘩をして男ひとりで宿に泊まることとなった羽賀九郎。羽賀から大原の案内をしてほしいと強引に誘われた珠子の心は揺れて……女の修羅と華を抒情豊かに描き切る性愛小説の傑作! [解説・桜木紫乃]