腕貫探偵

タグ
シリーズ
  • A6判312ページ
  • 2011年12月03日発売
  • 本体価格 600円+税
  • ISBN 978-4-408-55062-6
    • 在庫あり
腕貫探偵

内容紹介

謎の眼鏡公務員がさらりと解決!

「市民サーヴィス課臨時出張所」という貼り紙した簡易机で受付をしているのは、マネキン人形のように無表情な男。銀縁メガネに、白いシャツ、両腕に黒い腕貫をはめた職員。あるときは大学の構内、病院、またあるときはアーケード街に設けられたこの臨時出張所に、引き寄せられるようにやってくる相談者はさまざまなトラブルを抱えている。殺人? 詐欺? 行方不明? ミステリアスで厄介な相談事を、受付で話を聞くだけで見事に解決する、明晰な推理力をもつユニークな安楽椅子探偵が登場した! ユーモア溢れる痛快ミステリー連作短編集。