文楽のすゝめ

タグ
シリーズ
  • B5変112ページ
  • 2018年01月10日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-53720-7
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
文楽のすゝめ

内容紹介

六代目・竹本織太夫が案内する全く新しい文楽ガイドブック

豊竹咲甫太夫改め、六代目竹本織太夫――
今最も注目される古典芸能の旗手が贈る、まったくあたらしい文楽本。

2018年新春、人形浄瑠璃文楽の太夫、豊竹咲甫太夫が六代目竹本織太夫を襲名。
これを記念して刊行する、文楽を知らない方にこそオススメのビジュアルブック。

難しいと思われがちな文楽だが、「世話物」はアラフォー旦那の不倫、
マイルドヤンキーの殺人、ツアコン逆切れ事件(!?)など、とてもドラマチック。
絶対に観ておきたい名作を紹介、カリスマ作家近松門左衛門の魅力に迫る。
大阪を楽しむぶらぶらあるきガイドや、豪華執筆陣のエッセイなど、大充実の一冊。

目次

【目次】
江戸時代の大坂でこんな事件がありました。まず観てみよう、この10作
太夫・三味線・人形遣いが織り成す世界的に珍しい人形芝居です
こんなキャラにはこんな首(かしら)
近松作品を読み解く 4つのキーワード
愛すべきダメ男図鑑
婚活前に必読! 貞女の手帖
近松門左衛門は敏腕プロデューサーでした
大阪がもっと楽しくなる、文楽ぶらあるき
六代目織太夫が語る「これまでの咲甫太夫とこれからの文楽」
観劇に役立つ 江戸時代の常識
文楽が好きになったら読みたい本・観たい映像
事前に知っておきたい 劇場のあれこれ

・特別寄稿 朝吹真理子/いとうせいこう/三浦しをん