密告はうたう

タグ
シリーズ
  • 四六判320ページ
  • 2017年03月17日発売
  • 本体価格 1700円+税
  • ISBN 978-4-408-53702-3
    • 在庫あり
密告はうたう

内容紹介

仲間を信じるな! 奴らの自白(うた)を聴け――

仲間を信じるな! 奴らの自白(うた)を聴け――

警視庁人事一課監察係――警察職員の不正を取り締まる部署。
行動確認の末、依願退職に追い込むこともまれではなく、同僚からも煙たがられている。

佐良は、ある捜査でのミスによって捜査一課から人事一課に異動となった。
20人以上の行確をして一年が過ぎたころ、
因縁の操作をともにした元同僚・皆口菜子の監察を任された。

「府中運転免許試験場の皆口菜子巡査部長が免許証データを売っている」
というタレコミがあったのだ。
佐良は、上司とともに皆口の尾行を始めるが……。

緻密な伏線と人間ドラマが胸を打つ、静かで熱い警察小説!

横溝正史ミステリ大賞受賞者による、勝負の一作!