津軽龍飛崎殺人紀行私立探偵・小仏太郎

タグ
シリーズ
  • 新書判228ページ
  • 2019年06月13日発売
  • 本体価格 900円+税
  • ISBN 978-4-408-50566-4
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
津軽龍飛崎殺人紀行

内容紹介

北のはずれの岬で起きた連続殺人に女の影が!?

海峡に死の風が吹く――
人気旅情ミステリー最新刊!

津軽海峡を見下ろす断崖で、小仏太郎が見たものとは?
「人生の最後に、行きたいところへ、ご案内します。」
閑古鳥が鳴く小仏探偵事務所のチラシを見て訪ねてきたのは、
桑畑松市と名乗る八十三歳の男性。
長崎で見たいところがあると、事務所へ申し込んできたのだ。
希望の観光地へ同行するが、その旅から帰った直後、
桑畑ははるか北の青森・津軽半島にある龍飛崎の草むらで死体となって発見された。
彼が龍飛崎へと向かった背景には女の影が…。