十津川警部 怒りと悲しみのしなの鉄道

タグ
シリーズ
  • 新書判232ページ
  • 2019年01月11日発売
  • 本体価格 860円+税
  • ISBN 978-4-408-50564-0
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
十津川警部 怒りと悲しみのしなの鉄道

内容紹介

上田、小諸、別所温泉……
一週間で真犯人を捜し出せ!

列車爆破事件で警視総監が狙われた!?

後藤警視総監が誘拐された。
犯人の山中悦夫は、二年前に起きた列車爆破事件の真犯人を、
一週間以内に捜し出せと要求した。
当時の警視総監・永井はじめ二十二人が死亡したこの事件では、
山中の父親・晋吉が逮捕され、容疑を否認したにもかかわらず死刑判決を受け、
獄中で病死していた。
当時捜査を担当し、再捜査を指示された十津川警部は亀井刑事とともに
ふたたびしなの鉄道に乗りこむが……!?

目次

【目次】
第一章 警視総監
第二章 誰か能く此の謀を為す
第三章 小諸と上田
第四章 容疑者たち
第五章 七人のサムライ
第六章 抗争
第七章 怒りと悲しみ