旭川・大雪 白い殺人者私立探偵・小仏太郎

タグ
シリーズ
  • 新書判232ページ
  • 2013年12月12日発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 978-4-408-50541-1
    • 品切重版未定
旭川・大雪 白い殺人者

内容紹介

いじめ「駆け込み寺」と女性撲殺事件のつながりは!?

東京・亀有で探偵事務所を開く小仏太郎。かつての警視庁の同僚・安間善行から受けた依頼は、調布市にある謎の家の主・宇堂忠次の正体を調べてほしいというものだった。<予修寮>と呼ばれるその家は「駆け込み寺」と呼ばれ、いじめで学校をやめた少年少女数人が住んでいるらしい。部下の下地に聞き込みをさせたところ、寮で家庭教師を務める女は北海道・旭川の出身だという。そんななか、その旭川に近い大雪山の麓にある層雲峡温泉で、ホテル従業員の内村京子が殺される事件が発生。しかも彼女はかつて予修寮に勤務していた過去が。事件と謎の家とのかかわりは…!?