思考の違いが勝負の分かれ道になる! 野球メンタル強化メソッド

タグ
シリーズ
  • 四六判192ページ
  • 2017年05月31日発売
  • 本体価格 1400円+税
  • ISBN 978-4-408-45644-7
    • 在庫あり
野球メンタル強化メソッド

内容紹介

野球はメンタルが9割!

結果はコントロールできないもの。
自分がコントロールできることだけに集中する!

野球をするうえで、“メンタル”が技術や身体能力と同様に重要なものであることは
誰もが認識していることでしょう。
しかし、技術や身体能力を高めるトレーニングと同じように、
日頃、メンタルのトレーニングに力を入れているかと問われたら、どうでしょうか?

2016年秋、私はアメリカのアリゾナ州で、
メジャーリーグのある球団の秋季教育リーグを視察する機会に恵まれました。
そこでは、選手たちがいくつかのグループに分かれて、ローテーションでキャッチボール、
フィールディング、バント練習などさまざまな課題に取り組む中、
メンタルトレーニングもプログラムのひとつとして展開されていたのです。
日本ではあまり見られませんが、アメリカでは、メンタルトレーニングも技術練習や
フィジカルトレーニングと同様、実戦に直結するトレーニングのひとつだと
捉えられているのだと感じました。

本書では、「試合で実力を発揮する」ことを最大の目的として、
できるかぎり実戦に結びつけやすい形のメンタルトレーニングをご紹介します。
この本が、メンタルトレーニングを〝日頃の練習の一部〟と
認識していただけるきっかけになれば非常にうれしく思います。
(本書「はじめに」より)

自分の力を出し切るためのメンタルコントロールとは?
ミスは起こるもの。ミス後の立て直し方が重要
緊張(プレッシャー)は自分でコントロールできる
カラダを思いどおりに動かせる「フロー」状態のつくり方
「普段のルーティン」と「切り替えるためのルーティン」を準備する
投手、打者、守備、それぞれのルーティン
「身体的」「視覚的」「言語的」の3つのルーティンを使い分ける
カラダをリラックスさせる「腹式呼吸」と「筋弛緩法」
目標設定がやる気と結果を引き出す
実戦に強くなれる「ランダム練習法」

目次

【目次】
第1章 思考の違いが勝負の分かれ道
第2章 野球はメンタルの影響が大きいスポーツ
第3章 メンタルは強くできる!
第4章 自分に合ったルーティンを見つける!
第5章 〝心地悪い〟練習こそ大事!
第6章 目標設定がやる気と結果を引き出す!