マイナス思考でも人生はうまくいく! できない自分を認める力

タグ
シリーズ
  • 四六判160ページ
  • 2017年06月01日発売
  • 本体価格 1300円+税
  • ISBN 978-4-408-45614-0
    • 在庫あり
できない自分を認める力

内容紹介

悩みがすっかり楽になる!

プラス思考になりたいですか?
仕事や生活がうまくいかないとき、「その原因は自分がマイナス思考だから」と考える人が、
増えています。

そうした人たちは、プラス思考の自己啓発本を読みます。
そして、友人にはげまされ、ネットのポジティブポエムに感化され、
熱いメッセージの書かれた日めくりカレンダーに元気をもらい、
プラス思考に生まれ変わり(生まれ変わったと思い)、新たなスタートを切ります。
しかし、時間が経つとまた、マイナス思考に戻ってしまいます。

それでは、なぜプラス思考が身につかないのでしょうか。
結論から言えば、そもそも、その人にはプラス思考が合わないからです。
しかし、プラス思考になれないからといって、すべてをあきらめる必要はありません。
なぜプラス思考が自分に合わないのか、
マイナス思考で考え方を改善させる方法はないのか、一度じっくり考えることが必要です。

私はテニスプレイヤーとして、テニス研究者として、
そしてテニスの指導者として40年を過ごしてきました。
そうした経験の中で、スポーツを深く考察するうちに思い描くようになったのは、
「スポーツを指導するときの方法論は、一般の人にも十分通用する」ということでした。
そしてひとつの思考法に行き着いたのです。
それが本書で紹介する、「積極的マイナス思考」です。

この新しい思考法は、スポーツだけでなく、
上司や部下の関係といったビジネス分野での悩みや、
受験や子育てや病気といった日常生活での悩みなど、
プレッシャーやストレスがかかる、どのような場面にも有効な思考法です。

もともと人間には、プラスとマイナス、表と裏、善意と悪意、その両方が存在しています。
その片方に目をつぶろうとするのではなく、
この両方をうまく扱える人間になることを目指しましょう。
そして、「心」だけではなく「身」もやわらかくしていくことが大切です。

これが積極的マイナス思考という考え方の基本であり、
誰もが自然に達成できることなのです。
(本書「はじめに」より抜粋)

目次

【目次】
第1章 プラス思考の弊害
第2章 なぜプラス思考が合わないのか
第3章 4つの思考法
第4章 積極的マイナス思考の概要
第5章 思考の男女差
第6章 積極的マイナス思考を用いて問題解決
第7章 心理学と積極的マイナス思考
第8章 積極的ワリキリ思考