ハンドボール 基本と戦術

タグ
シリーズ
  • A5判208ページ
  • 2016年09月09日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-45604-1
    • 在庫あり
ハンドボール 基本と戦術

内容紹介

必要なのは、攻守で活躍できる頭脳と技術!

ルール改正に対応した最新理論が満載の、いちばん詳しいハンドボール指南書決定版!

「ハンドボールは本来、ボールを持っている方が有利なスポーツです。
 攻撃の判断さえ間違えなければ、理論上は毎回の攻撃で得点できるはずです。
 しかし守りで2対2のマークの受け渡しが完璧であれば、理論上は失点を防げます。
 明らかに矛盾していますね。

 でも、それでいいのです。
 私が教えるOFは「最強の矛」であり、私が教えるDFは「最強の盾」です。
 最強の矛と最強の盾がぶつかった時、そこに「駆け引き」が生じます。
 駆け引きがあるから、勝ったり負けたりの繰り返しになるのです。

 相手に守られた時には「そっちがそう来るなら、次はこの手で」と思いますし、
 駆け引きを工夫するから、点が入った時の喜びも大きくなります。
 そういった「やりとり」がハンドボールそのものです。
 (…)全力で走って、跳んで、投げる、ハンドボールの爽快感もありますが、
 「知的格闘技」の要素をもっと楽しんでほしいと思います。」

(「おわりに」より)

目次

Lesson1 シュート
Lesson2 パス
Lesson3 フェイント
Lesson4 コンビネーション
Lesson5 ポジションスキル
Lesson6 ディフェンス
Lesson7 システムごとの守り方、攻め方
Lesson8 ゴールキーパー
Lesson9 トレーニング