高知「地理・地名・地図」の謎意外と知らない高知県の歴史を読み解く!

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2015年01月24日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-45542-6
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
高知「地理・地名・地図」の謎

内容紹介

日本最後の清流「四万十川」は平成生まれだった!?

地理や地名・地図から見える高知県の意外な歴史と真実!
高知県民愛がぐ~んと深まる知的ガイドブック!


「同じ読みでも『河中』から『高知』へ 改名に込められた願いとは?」「『鴨川』も『東山』も『大文字焼き』もあった小京都・土佐中村に残る都の薫り」「香美、香我美、香北、香南……高知県内に『香』地名が多いのはなぜ?」「地球の割れ目が間近に見られる! 仁淀川町の大引割・小引割」「なぜ高知県の山村・北川村にある!? フランス本国も認めた『モネの庭』」…など、高知県の地理や地名、地図に隠された、意外な歴史のエピソードを紹介。県民も驚く、雑学ネタが満載の本。

目次

第一章 産業や暮らしから近現代の高知を知る
第二章 気になるあの地名の裏側にある由来の秘密
第三章 海と南国特有の気候が作り出した景色
第四章 人の仕業か? 自然の神秘か? 高知の不思議スポット
第五章 高知の人々に愛される名物・特産品
第六章 地元で語り継がれる歴史と伝承をたどる