サッカー日本代表 勝つ準備

タグ
シリーズ
  • 四六判208ページ
  • 2014年05月17日発売
  • 本体価格 1400円+税
  • ISBN 978-4-408-45501-3
    • 品切重版未定
サッカー日本代表 勝つ準備

内容紹介

成功と失敗から学ぶW杯優勝への道

5大会連続5度目のW杯出場となるサッカー日本代表。今や大会常連国の一つになりつつある。それは、選手のレベルアップもさることながら、日本サッカーの経験値が備わってきた結果とも言える。本書で取り上げるテーマは、「勝つ準備」。キャンプ地選定、メンバー選考、強化試合のマッチメーク、フィジカル・メンタルコントロールなどの事前準備から10年後、20年後を見据えた未来の日本代表の強化策まで、短期、中期、長期的な日本サッカーの「準備」を北條聡、二宮寿朗の両氏が独自の視点で論じる。

川口能活(FC岐阜)×二宮寿朗、原博実(日本サッカー協会 専務理事兼技術委員長)×北條聡の特別対談も収録!

目次

TOSHIO NINOMIYA
はじめに ピッチ外の戦いが成功のカギを握る

第一章 代表チームのつくり方

SATOSHI HOJO
「特注品」から「既製品」へ
クラブ型の代表強化策からの脱却
W杯を勝ち抜くメンバー選考
セカンドプランを視野に入れた多様性
万能性を備えた選手の発掘
理想のキャプテン像 ほか

TOSHIO NINOMIYA
ザッケローニ監督のチームづくり
日本人の特長を活かしたサッカーの継承
「対話路線」が生んだアジアカップ優勝
メンバー固定化によるメリット、デメリット
チームづくりの根幹
ブラジルW杯のキャンプ地を読み解く ほか

川口能活×二宮寿朗特別対談 「経験の蓄積は財産」

第二章 W杯をいかに戦うか

SATOSHI HOJO
初戦の戦い方
イビチャ・オシムが見せた決戦への伏線
日本サッカー、ベスト8への道
ニッポン人監督、待望論
代表チームとクラブチームの違い
真価を問われる日本サッカー ほか

TOSHIO NINOMIYA
チーム力を左右する控え選手
ベテラン選手の役割
勝ち切るためのメンバー選考
団結力を生む選手ミーティング
日本サッカーのストロングポイント
スタッフが支える日本代表 ほか

原博実×北條聡特別対談 「日本サッカーの未来」

第三章 日本サッカーの可能性

SATOSHI HOJO
勝敗のカギを握るセットプレー
今の育成が10年後を決める
キャッチアップサッカーからの脱却
同一種を大量生産する危うさ
日本サッカーが目指すべき姿 ほか

TOSHIO NINOMIYA
PK戦の極意
引き分けを勝ちにもっていく力
日本人プレーヤーの未来
ビッグクラブでプレーする意味
Jリーグの発展なくして代表の強化はない ほか

SATOSHI HOJO
おわりに 日本が世界で勝つための「準備」