詰めろ将棋入門

タグ
シリーズ
  • A6判337ページ
  • 2018年01月31日発売
  • 本体価格 1100円+税
  • ISBN 978-4-408-41487-4
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
詰めろ将棋入門

内容紹介

「詰めろ将棋」シリーズの第3弾!

本書は「詰めろ将棋」シリーズの第3弾ですが、逆に基本に戻って入門編としました。
将棋の上達は終盤力を鍛えるのが何より効果的で、
それは入門から初級、中級でも同じです。
終盤力とは、詰ます力、詰みを読み切る力の集約ですが、
実戦では次に玉を詰ます「詰めろをかける」ことが大いに役立ちます。
そして「詰めろを逃れる」受けの力も終盤力の武器の双璧です。
いわば終盤で玉の周辺の攻防にたくましくなることが、
将棋上達の必修のジャンルなのです。
攻め切る力と受け切る力を鍛えるのが本書の目的です。
「詰めろ将棋」は二つのジャンルがあって、
①次に詰めろをかける問題(210題)と、
②現在の詰めろを逃れる問題(90題)のパターンです。

①詰めろをかける問題では、単なる詰めろでなくて、勝ちになる詰めろが正解です。
②詰めろを逃れる問題も、勝ちになる詰めろ逃れが正解です。
少し新味のある問題で脳を鍛えて、
読者の皆様の棋力アップに貢献できたらと願っています。
(本書「まえがき」より)。