正しい価値観で行動すれば職場と結果は変わる成功事例に学ぶ「インパクト・メソッド」Vol.4

タグ
シリーズ
  • A5判192ページ
  • 2016年12月09日発売
  • 本体価格 2000円+税
  • ISBN 978-4-408-41191-0
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
正しい価値観で行動すれば職場と結果は変わる

内容紹介

ある自動車部品メーカー開発チームの成長ストーリー!

マネジメント革新活動である「インパクト・メソッド」を導入した開発チームの実践事例を通して、
チームが、そしてマネージャ、メンバーがどのような成果を達成したのか。
そのストーリーを、インパクト・メソッドの用語解説も入れながら詳細に追っていく。

高い技術力を発揮し、世界に通用する製品づくりでグローバル展開を行う自動車部品メーカー。
それでも、ある開発部門の部長は、職場のコミュニケーション量の減少に危機感を抱いていた。
インパクト・メソッドを導入したことで見えてきた「コミュニケーション不全」
「個人商店化」「あいまいなスタート」。
本社と、クルマで1時間かかる別拠点の2チーム体制というチーム特性もあったが、
毎週の2チーム合同ミーティング(「段コミ」)、
チームでのPDCAを回すための実践的なツールの考案などで、問題・課題を解消していく。
そして、部長がみせた「本気のマネジメント」で、かつてない成果を生み出す――。
そこから見えてくるのは、「組織で仕事をすることで達成できる成果と成長」と
「仕事の本質」だ。