「食」から考える発想のヒントやる気を引き出しチーム力を高める

タグ
シリーズ
  • 四六判240ページ
  • 2018年04月27日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-33774-6
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
「食」から考える発想のヒント

内容紹介

ソリューションを図る方法論!

本書は、いちフランス料理店のオーナーシェフが、
フランスと日本で店を経営するうえで感じたさまざまな「気づき」がまとめられている。

著者の発想の特徴は、
「世界を股にかけて移動を繰り返し、中継地点に立って物事を客観的に眺め、
問題点を整理し、ソリューションを図る方法論」にある。

それは料理と同じで、あくまでも相手のため、
人のため、お客さんのため、そして読者のためにあるもの。

本書は、そんな著者が、「食」のあり方に留まらず、
日本人を取り巻く様々な現実的な問題に対して
ソリューションを図っていくための「発想のヒント」を、
自身の経験から語り下ろしたものである。

「ガウディは建築を通して人の幸せを求めました。松嶋氏は料理を通してガウディが探し求めていた偉大なものを求めている同じ仲間のように思います。彼と会うたびに感じる希望の種が此の本を通して多くの方に届くことを祈ります」
―――外尾悦郎(サグラダ・ファミリア主任彫刻家)

「世界を股にかけてミシェランの星のついたレストランを経営する松嶋氏は、超一流のシェフであると同時に企業家でもある。私も認める彼の「発想力」は、私が唱えるイノベーションの原動力、すなわち顧客の問題発見能力の高さにある。ビジネスにかかわる全ての人にお薦めしたい良書だ」
―――高岡浩三(ネスレ日本代表取締役社長)