最高のチームに変わる「仕組み」のつくり方行動科学的リーダーシップ

タグ
シリーズ
  • 四六判192ページ
  • 2018年01月19日発売
  • 本体価格 1400円+税
  • ISBN 978-4-408-33762-3
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
最高のチームに変わる「仕組み」のつくり方

内容紹介

チームリーダー・マネジャー必読!

望ましい行動が測定、評価される
具体的な行動を表した言葉が使われる
無駄なことをやめる
簡単なコミュニケーションで信頼関係ができている
これが、「仕組み」のある理想的な環境といえる。

仕組みの導入は、
「部下を思い通りにコントロールする」
「行動の一つひとつを管理する」と、
解釈されがちだが、そんなことはない。
目的はあくまでも成果を出すことにあり、
部下が喜んで自発的に仕事をしてこそ、成果は出るのだ。

長時間労働の是正や働き方改革の実行計画がまとめられる中、
多くの職場で働き方の見直しを迫られている。
残業ゼロを実現して、生産性アップも求められる、
現場リーダー・マネジャーはいかにチームをまとめていくのか。
著者の提唱する「行動科学マネジメント」をベースに、
部下の行動、チームを変えるための現場でできる「仕組みづくり」を解説する。

目次

【目次】
はじめに 「仕組み」で「行動」を変える

第一章  「認知のゆがみ」が会社を滅ぼす
――ある日突然、人がいなくなる

第二章  思考を変える
――今までの「成功体験」を捨てる

第三章  仕事を捨てる
――結果につながる行動の見つけ方

第四章  人を育てない
――「仕組み」で人を動かす

第五章 「仕組み」でチームが変わる
――求められる「新しいリーダー」のあり方

おわりに 行動の変化は少しずつでいい