ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎 2020

タグ
シリーズ
  • 新書判208ページ
  • 2018年01月10日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-33759-3
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎 2020

内容紹介

山手線は、グルグル回って90年以上!

日本を、東京を代表する通勤路線の山手線は、グルグル回って90年以上。
1周1時間ちょっと、長年29駅で営業してきたけれど、まもなく30駅になります。
2020年の東京オリンピックを控え、東京全体が変化していく中で、
新駅開業で山手線はどう変わって行くのか?
そしてこの10年ほどでどう変わってきたのか?

副都心線が東急東横線と相互直通を開始し、上野・東京ラインも開業。
秋葉原や日暮里の乗車人員は増える一方で、渋谷は減少。
山手線ではホームドアの整備が進み、6扉車がなくなり、
新型車両が導入されつつあるなど、
東京での生活に常に話題を提供してくれる山手線の路線・運転・各駅のエピソードを
広く採り上げます。