4スタンス理論 タイプに合った動きで最大限の力が出せる

タグ
シリーズ
  • 新書判200ページ
  • 2014年07月03日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-33117-1
    • 在庫あり
4スタンス理論 タイプに合った動きで最大限の力が出せる

内容紹介

稀代の身体理論「4スタンス理論」はこうして生まれた!

人間の身体の動かし方は、みな同じではありません。人間の身体特性には、じつは4つの種類が存在するのです。これは、血液型が何種類かあり、人それぞれ生まれつき決まった血液型を持っている、というのと同じようなもの。人間の身体は、誰でも4つのタイプに分かれていて、それぞれタイプによって、おなじ立つ、座る、歩くといった行為でも、厳密にみると身体の形、動かす各部位の順序などが異なっています。これを整理して解説するのが「4スタンス理論」です。タイプに合った身体の動かし方をすることで、パフォーマンスの効率が上がるだけでなく、ケガのリスクを低減させることにもつながります。

本書は、この「4スタンス理論」の創案者が、いかにしてこの独創的な理論を体系化するに至ったのかを探るために制作されました。

第1章では、ヒトそれぞれの身体の使いかたに対する疑問がいかにして解かれ、独創的な身体理論に至るまでの、まさに「4スタンス理論誕生秘話」が語られます。第2章では、「4スタンス理論」の4種類のタイプを分ける3つの分類法とは何か? いかにしてその分類法を整理したのか? が語られます。第3章では、日本のポピュラーな3つのスポーツ、「野球」、「サッカー」、「ゴルフ」について、その競技を楽しむためにもっとも大切なことを廣戸聡一が語っています。実践アドバイスも記載されていますのでお楽しみください。第4章では、現在の日本における子供たちの身体能力について、子供が子供らしく、健全な大人の身体へと成長するために学ばせておきたいことを廣戸聡一が存分に語ります。第5章は、廣戸聡一が一流アスリートたちと接した経験を通じて、加齢とともに失っていく身体能力について、また若々しさを維持するためについて語っていきます。アスリートだけでなく、一般の人たちが、いつまでも健康な身体を保つためのヒントも述べられています。

人それぞれのための「身体の取扱説明書」ともいえる「4スタンス理論」。その成り立ちと具体的な内容を、創案者へのインタビュー形式で読みやすくまとめた一冊です。