旅情ミステリースペシャル2 名探偵 浅見光彦&警視庁 十津川警部

タグ
シリーズ
  • B6判420ページ
  • 2017年11月15日発売
  • 本体価格 602円+税
  • ISBN 978-4-408-17593-5
  • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • ビーケーワン
  • 紀伊國屋書店
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
旅情ミステリースペシャル2 名探偵 浅見光彦&警視庁 十津川警部

内容紹介

傑作を選出するミステリーコミック第二弾!

旅情とスリルあふれるトラベルミステリーコミック!

2大人気小説、内田康夫原作「浅見光彦シリーズ」&西村京太郎原作「十津川警部シリーズ」の
コミック版を一挙掲載。

フリーライターとして自由な推理で駆け巡る名探偵の浅見光彦が!
警視庁捜査一課で凛々しくチームの指揮をとる十津川省三が!!
日本全国で巻き起こる凶悪事件に立ち向かう!
隠された真相へと力強く迫りながらも、
ときに優しく人々の想いを包み込む主人公たちの活躍を描いた、
傑作長編3本を収録したトラベルミステリーコミック第2弾。

【収録内容】
『記憶の中の殺人』 作画:羽柴 麟
殺害現場に残されたカップから、死んだはずの娘の指紋が検出された。
調査を進める中で、訝しげな態度をとる陽一郎に不信感を抱く光彦。
眠っていた少年時代の記憶が揺らぐ!!

『最上川殺人事件』 作画:春日かおる
急流に消えた父の面影を追い、最上川を訪れた可奈子は、
父の遺した奇妙なメッセージに気付く。
そのころ警視庁の十津川班は、ある探偵が殺害された事件の捜査に乗り出すが…!?

『城崎にて、死』 作画:中邑 冴
あやうげな雰囲気の女に目を留めた日下刑事。
行方不明の末に故郷を訪れた彼女の足取りを追い、
日下は十津川警部とともに城崎へと向かう。
風景写真に込められた、後戻りできない恋人たちの切ない末路とは……。