マンサンQコミックス 蒼太の包丁Special(21)東京湾の焼きアナゴ編

タグ
作品
蒼太の包丁
シリーズ
  • B6判444ページ
  • 2015年07月09日発売
  • 本体価格 583円+税
  • ISBN 978-4-408-17538-6
  • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • ビーケーワン
  • 紀伊國屋書店
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
マンサンQコミックス 蒼太の包丁Special(21)

内容紹介

風吹き渡る 下町の味!!

北海道の旭山動物園で、飼育係をやっていた青年・乙部くん。押しかけ同然の形で『富み久』に入門したはいいものの、大きな身体を持てあまし気味に、なかなか仕事にも慣れないようで…蒼太が手伝っている立ち呑み屋『みなと』でも修業をさせようとしてみる、「週末はできるヤツ」。

『富み久』の常連客、泉田さんがカウンター席で語った小学生時代の初恋は甘く、そして苦い記憶だった。子供たちに慕われていた女性教師が、それゆえに学級崩壊のような形を招き、学校を去ってしまう。今になって謝ろうにも、彼女は亡くなっていたのだ。命日にお墓参りすることを、泉田にすすめる蒼太。墓地で出逢った人物はなんと! 心に迫る「20世紀の想い出」。

若女将・さつきが銀座で見かけたのは、かつて自分にプロポーズした男性と、幸せそうなその妻子。自分の人生はこれで良かったのかと悩む姿を見て、『富み久』の面々が考えたのは!? チームワークが光る「隅田川のホタル」など、人情味あふれるグルメ・コミックが満載!