浅見光彦ミステリースペシャル(14)『砂冥宮』『地下鉄の鏡』『城崎殺人事件』

タグ
作品
浅見光彦ミステリースペシャル
シリーズ
  • B6判420ページ
  • 2012年11月07日発売
  • 本体価格 571円+税
  • ISBN 978-4-408-17417-4
  • 品切重版未定
浅見光彦ミステリースペシャル(14)

内容紹介

この旅路は、真実を求め時を越える!

文豪・泉鏡花の「草迷宮」の舞台となった旧家を取材した光彦だが、後日取材した老人が不審な死を遂げた。謎を追って、老人が最後に尋ねた地へ向かった光彦は…(「砂冥宮」作画・稜敦水)。「地下鉄の鏡で見た…」と言い残し、光彦の前で息絶えた女性。ダイイング・メッセージの意味とは?(「地下鉄の鏡」作画・たのまゆうむ)。母のお供で訪れた城崎で殺人事件に遭遇。この地に伝わる土蜘蛛伝説を取材するうちに事件の核心に迫る…(「城崎殺人事件」作画・中邑冴)。
描きおろし新作3本を収録、400P超の大ボリュームの好評ミステリー・コミック!!