飛行機はどこを飛ぶ? 航空路・空港の不思議と謎

タグ
シリーズ
  • 新書判224ページ
  • 2015年11月20日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-11160-5
    • 在庫あり
飛行機はどこを飛ぶ? 航空路・空港の不思議と謎

内容紹介

ディズニーリゾートの上空は飛んじゃダメ!?

「航路」はどうやって決められているの?
空港への着陸・離陸はどのようにコントロールしているの?


道路もなければガードレールもないまったくの「空間」を飛ぶ航空機。そのルート、すなわち「航路」はどうやって決められているの? 空港への着陸・離陸はどのようにコントロールしているの?

本書は、飛行機に乗るたびに気になる「航路」を軸に、実は整然とした国際的なルールにのっとって空を飛んでいる航空機がたどる「目には見えないルート」に迫ります。同じ空間で対向して飛ぶのか。国際線など往復で所要時間が大きく異なるのはなぜか。なぜ1万メートル上空を飛ぶのか。東京ディズニーリゾート上空を飛行機は避けるという噂は本当なのか。大阪からの飛行機は、なぜ一度東京を通り越して房総半島でUターンして羽田に降りるのか。なぜ那覇空港に近づく飛行機はかなりの低空を飛ぶのか…。

こうした「航路」にもたくさん秘密がありますが、それを読み解いていくと、管制や飛行場、自衛隊機にもいろいろな秘密が隠されています。また、機窓の楽しみ方や、スマホ・PCのアプリで楽しむ航空機を「読む」方法など、「航路」をベースとした楽しい記事がいっぱいです。

目次

part1 どこを飛んでいるの? 航路のミステリー
part2 あれは何? 窓から見える建物や景色
part3 何をしているの? 管制・空港のふしぎ
part4 緊急事態はどうするの? 空と地上の意外なルール
part5 こうして発展! 日本の航路とローカル空港