軍艦島 離島40年 人びとの記憶とこれから

タグ
シリーズ
  • 四六判248ページ
  • 2014年05月29日発売
  • 本体価格 1800円+税
  • ISBN 978-4-408-11064-6
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
軍艦島 離島40年 人びとの記憶とこれから

内容紹介

島の暮らしの記録と世界遺産への奮闘

2015年、「明治日本の産業革命遺産」のひとつとして世界遺産に登録見込み。
軍艦島が「端島」と呼ばれていた頃の、人びとの暮らしと世界遺産への道のり。

2009年の上陸解禁以来、限られたところしか歩けないとはいえ50万人が訪れた軍艦島。その多くは「廃墟の島」という認識で観光上陸するのだが、果たしてそれでいいのだろうか。日本の歴史の中で「端島」が「軍艦島」になった経緯にきちんと目を向けなくては、世界遺産といえども物見遊山に過ぎない。

本書は、元島民にして、軍艦島クルーズのガイドでもある著者の記憶と保存活動の記録である。閉山から25年後に「故郷」を訪れた著者は、ここを保存しなくてはならないと決意する。そのために仕事を辞め、NPO法人「軍艦島を世界遺産にする会」を設立し、さらには同様の地域の伝承を大切にする人たちとのネットワークの結果、2015年世界遺産登録見込みを獲得する。

端島は写真で語られることが多かったが、本書は著者の実体験にもとづく、生の記録である。閉山後に島から離れた人たちが端島・軍艦島をどう見ていたかという貴重な視座も提供する。そして、「世界遺産」をめぐって、端島の歴史のように翻弄される姿を浮き彫りにする。

第一章から第三章は、主として昭和40年代の島の生活の様子を語り、閉山後に島から出た人びとの貴重な声を収録する。第四章・第五章は、世界遺産に向けた取り組みと、それがどうなったかを記録する。「明治日本の」と世界遺産に定義された端島・軍艦島の「その後の端島」のリアルな姿がここにある。

目次

序章 世界遺産と「産業遺産」

第一章 軍艦島の現在
軍艦島上陸ツアー
第二見学所
第三見学所
故郷を廃墟と呼ばれて

第二章 島に生きて
小学六年生、端島へ
離島と船
子供たちの日常生活
学校生活
端島にあった各種施設
島の四季
閉山

第三章 それぞれの端島
「炭鉱の島」ゆえの、それぞれの事情

第四章 世界遺産に向けての挑戦
はじまり
軍艦島を保存したい!
不協和音
九州内の産業遺産の連携がはじまる
近辺
世界遺産になるのは教会群か、近代化産業遺産か

第五章 これからの軍艦島 課題と未来への展望
世界遺産という位置づけ
世界遺産と観光の実際
一人ひとりが考えたい軍艦島の姿
軍艦島からのメッセージ