FISCO 株・企業報 2017年夏号 今、この株を買おう

タグ
シリーズ
  • A4判変型162ページ
  • 2017年05月31日発売
  • 本体価格 1000円+税
  • ISBN 978-4-408-06355-3
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
FISCO 株・企業報 2017年夏号 今、この株を買おう

内容紹介

特集は「第四次産業革命」の未来と予測

新型弾道ミサイルの発射、化学兵器を用いた金正男氏の殺害など、北朝鮮の暴走が止まらない。
ただ、金正恩氏のこうした暴挙に対して、米国では対北朝鮮強硬論が台頭するなど、
その「ツケ」も出始めてきている。
第1特集では、朝鮮半島のクライシスにスポットを当てて、現在の状況を整理するほか、
今後どのようなリスクの発生が想定されるのかを多方面から推測し、
結果的に、北朝鮮や韓国がどのような結末を迎えるのか、
また、その際の日本への影響はどのようなものになるのか、
いくつかのシナリオを提示していく。
また、米国新大統領のトランプ氏が朝鮮半島問題に対して
どのようなスタンスをとっていくのか、
北朝鮮問題で主導権を握りたい中国やロシアなども含めて、
朝鮮半島問題に対するそれぞれの大国の思惑なども考察。
最後には、「朝鮮半島クライシス」で注目される日本株も特集する。

第2特集では、市場の注目度が高いトランプ大統領の政策、
それによる世界マーケットへの影響を読み解く。
国内でのトランプ関連銘柄を業界地図として図解で説明する。
また、トランプ政策の影響を受ける中国、欧州の先行きにも言及。
■トランプラリー関連銘柄 推奨20銘柄

第3特集では、現在、あるいは今後注目されるであろう日本株の4つのテーマ、
「働き方改革」「サイバーセキュリティ」「AI」「M&A」について、
その現状や今後の展望を解説。
それぞれのテーマにおいて有望な銘柄を具体的に紹介していく。
■市場をにぎわす4大テーマ 推奨102銘柄

第4特集では「マクロ動向」、「マーケット動向」、「業種・個別銘柄動向」という
3つのテーマ(階層)に基づいて、当面の国内株式市場の動きを展望する。
また、それぞれのテーマに沿う個別銘柄もとりあげて紹介する。
■連続好業績・業績大幅改善 推奨20銘柄

最良の投資支援サービスを提供するプロフェッショナル集団であるフィスコのアナリストが、
日本と世界の経済事情から国内市場、そして有望推奨銘柄まで、
独自の視点で深く洞察した内容でお届けする1冊となっている。