船の航行にはどんなルールが⁉ 航路・旅客船の不思議と謎

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2018年11月02日発売
  • 本体価格 980円+税
  • ISBN 978-4-408-00919-3
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
船の航行にはどんなルールが⁉ 航路・旅客船の不思議と謎

内容紹介

追い越し禁止、右側通航…海上の交通ルールは車より複雑!?

船舶の航行にまつわる基礎知識から面白雑学まで、
日本の海を巡る航路と旅客船のさまざまな秘密を読み解く!

目次

【目次より】
第1章 航路・旅客船の基礎知識
限られた海域で海流を正確に読む! 航路設定と測位で運航効率アップ
港での着岸から外洋航行まで ハイテク機器が船員をアシスト!
大型船は幅700mを通過厳守 衝突を回避する海の交通ルール
安全な出入港を守るための工夫 浮標を頼りに浅瀬を避ける!

第2章 オンリーワンのオドロキ航路
年2便から始まった秘島・青ヶ島航路の苦難史
九州本土と7つの孤島を結ぶ 住民の生活に不可欠のトカラ列島の村営船
海上ルートの遍路道があった 高知・横浪半島をジグザグにつなぐ市営船
選挙の際には投票箱も運ぶ 孤島・飛島の生活を担う1日1便

第3章 施設・設備がすごすぎる船舶
愛犬部屋もドッグランも完備 充実設備の長距離フェリー(商船三井フェリー)
国内初の完全個室型を実現 「まるでホテル」な豪華フェリー(四国開発フェリー)
クレーン上陸中は船上も要注意 断崖絶壁に囲まれた孤島・大東島の至芸
1日140便の 時間運航! 世界屈指の本数を誇る桜島フェリー

第4章 歴史ある客船・航路の謎
150年間にわたる努力の結晶 1000kmもの小笠原航路の時短挑戦史!
戦火をくぐり抜けて新時代へ 柳原良平も愛した人気船「橘丸」
列車を船に積みこみ対岸へ! 今はなき鉄道連絡船
明治維新直後に早くも開設 国内最長の沖縄航路の百数十年をたどる

第5章 国境越えの衝撃航路
日本&ロシアのさいはてを繋ぐ 戦前ルーツのサハリン航路
鳥取から凍てついたウラジオストクへ 韓国も経由する絶景航路
バックパッカーをアジアへ運んだ 復活が望まれる台湾国際航路

第6章 航路・旅客船おもしろ雑学
引退後に異国で復活することも 大型旅客船の「その後」あれこれ
今やかなりのレアシーンとなった 進水式の「シャンパン割り」セレモニー
船の名前はどうやって決まる? ひらがなや「丸」が多い理由